コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

地区社会福祉協議会の取り組みについて

こんにちは!!サポーターO2です。
今週末は雪が降るようで・・・。まだスタッドレスに換えていない方も多いのでは?(私もその1人です。)
そんな雪の訪れとともに氷見にやってくるのは「ぶり」ですね!!今年も昨年に引き続き”豊漁”と予想されています。
うれしいですね

さて、話は変わり、
現在氷見市本町商店街にある「まちなかサロンひみ」を拠点として活動されている朝日丘校区社会福祉協議会さんと
氷見市社会福祉協議会さんで「安心生活創造事業」が進められています。

この「安心生活創造事業」とは
要支援者が住み慣れた地域で安心した生活を営むことが出来るよう
必要な対応を図っていくための体制整備を行う事業です。
そして平成21年度より3年間、氷見市朝日丘校区が厚生労働省よりモデル地区に選ばれました。


その事業の一貫として、今生活便利帳と言う冊子を作成しています。
校区内の商店や事業所の情報をその生活便利帳に掲載し、校区内の全家庭に配布します。そして、校区内の要支援者をはじめ、校区内に引っ越してこられた方など皆さんに見ていただき商店や事業所を利用していただこうという取り組みです。
掲載内容としては、宅配サービスやその他いろいろと要支援者の方中心にとって必要で便利な内容を載せます。
完成は2月中旬予定です。

商店街をはじめ商店の方々と地域住民の方たちが助け合い関わっていくのはこれから将来大切なことと考えられています。
この便利帳が皆さんに利用していただけたらとても嬉しいですね

便利帳説明会①
生活便利帳 説明会の風景。朝日丘校区内の事業所を招いて、地区社協の取り組みやなぜ生活便利帳を作ることになったかという経緯を氷見市社会福祉協議会の山田さんに説明していただきました。 
便利帳説明会②
みなさん、いろんな情報をお持ちで、いろいろとお話していただけました。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

がんばる!!商店街!!

こんにちは~。サポーターO2です。
お盆が終わり、すっかり秋ですねぇ~。
・・・と言いたいところですが、まだまだ暑いです。

さて、もう一週間以上前の話になりますが、8月9日に氷見市比美町商店街振興組合の視察で
長野県佐久市岩村田本町商店街へ行ってまいりました。
佐久市自体、行くのは生まれて初めて。どんな感じの街だろうとワクワクして行きました。

中山道の宿場町として栄えたところだそうです。
視察地の岩村田本町商店街がある、その道がまさに中山道だったそうで、とても交通量が多く道幅も広くて
昔の主要道路だったことをうかがわせます。


お昼は岩村田本町商店街が運営されている『青春食堂』でとりました。
現在、佐久市では米粉を使った料理を推進しておられるそうで、こちらのお店でも米粉うどんのメニューがたくさんありました。
食べてみると食感も歯ごたえも初めての感覚。そして一見、たいした量に見えなかったのに食べてみるとすごくお腹に溜まる。
一緒に視察に行った方たちも「も~、お腹いっぱい」と言っていました。恐るべし!!米粉!!!

青春食堂 青春うどん



昼食の後、『おいでなん処』へ。こちらはコミュニティースペースになっていて会議室などにも利用されています。
おいでなん処

今回、こちらで岩村田本町商店街振興組合の阿部理事長のお話を聞きました。
一言でいうと「とてもエネルギッシュな方!」です。
阿部理事長の講演


商店街を元気にしようと若手経営者を中心に立ち上がり、岩村田本町商店街振興組合を結成し、アーケードを作り、
その後、活性化を図り「日本一イベント」を何度も開催しました。
しかし、空き店舗は増える一方。そこで考え直し、『地域の皆様とともに暮らす、生きる』をコンセプトにもう一度まちづくりをしました。
そして現在、惣菜のお店「おかず市場」やチャレンジショップの「手しごと村」、子育て支援の「岩村田子育て村」など。
地域の方が利用するお店を地域の方たちの意見を聞きながらすすめて来られました。


詳しくは『いわむらだ.こむ』HPをどうぞ!
http://www.iwamurada.com/

観光地の小布施や妙高高原、軽井沢から程近くのところにあります。
是非、ドライブや旅行で近くへ行かれる際にはお立ち寄りを!!
元気な商店街です。
コンテントヘッダー

商店街活性化!!

こんにちは!サポーターO2です。

あっつい日が続きますね~。九州地方はもう梅雨が明けたそうですね。例年よりも20日も早いそうです。
今年の夏も去年のように暑いのでしょうか???


さて、先週の話になりますが、
㈱全国商店街支援センターの支援サポーター事業の会議がありました。

支援サポーター事業とは?・・・
商店街が地域住民などのニーズ・課題に対応するため、新たな経営戦略を構築し、実行に移していく過程で、
 ㈱全国商店街支援センターが、各商店街の実情に即したサポートをし、地域商店街活性化法の施行に伴った
商店街活性化事業計画の認定を目指し、補助金等を有効に活用した商店街活性化を推進する。
支援サポーター事業では、幅広い知識をもったソリューション提供能力、実行力のある専門家を派遣し、商店街を総合的に支援していく。

このような事業です。

氷見市では藤子先生のモニュメントでお馴染みの比美町商店街が手を挙げ、今回の6月22日からスタートとなりました。

支援サポーターとして来られたのは『西脇正倫』先生。生まれも育ちも名古屋だそうで、現在も名古屋におられるそうです。
昨年は高山やすがわ商店街に携わっておられました。


今回の第①回目は西脇先生からこれまで携わってこられた商店街の話やこの商店街活性化事業計画の認定に係わる話などがありました。

そして、商店街の役員の方々ひとりひとりから自己紹介を兼ねてどんな商店街にしたいか?」という話が。

昔は商店街にも弁当屋があって・・・
あそこのお店には地下売り場があった
など。
貴重な話もどんどん出てきました。

全7日の日程で、あと6日会議があります。

どのように氷見を変えていくのか?
乞うご期待!!

支援サポーター事業20110622
比美町商店街の方々


いらっしゃいませ!
あなたは
プロフィール

サポーターO2

Author:サポーターO2
”元気ひみ サポーターO2”へようこそ!

自己紹介
★名前  サポーターO2
★生まれ 氷見港
★趣味  音楽
★好きなもの 氷見カレー
★愛読書 マンガ(ほしのふるまち)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。